メンズエステ そのままはだけどゴムがあればセーフなんだ最後まで不思議な基準に困惑 豊橋

memory

メンズエステ そのままはだけどゴムがあればセーフなんだ最後まで不思議な基準に困惑 豊橋

最初の画像、丸いティラミスの容器は8人前くらいです。残ったものは直ぐ冷蔵庫に戻しておきました。
2皿目を勧めることはしませんでした。で、彼等にその冷蔵庫に戻して置いたティラミスを帰る時に持
っていってもらいました。そのオファーをした時の2人の嬉しそうなお顔!^ム^)。

私はその中で娯楽というモノに限って関わっていたいタイプ。
その娯楽がいっぱい詰まっているのが大衆演劇!

全国に130近い劇団があり私が観劇したのはその中でも僅か3分の1にも観たない劇団数。
その少ない鑑賞した劇団の中で一番のお気に入りが都若丸劇団
そしてたつみ演劇BOXなんです。
実は私なりに役者に一つの基準がありまして喜劇(コメディ)が上手い役者はシリアスな芝居も上手い。

創価学会の人たちは、その『南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)の仏法』を実践しているから、幸せになっていけるんです。

そして、岡部は、そのたびにタイムリープを繰り返し、過去に戻るが、どんな手をつかっても、どんな場所に逃げても、暗殺者に殺されなかったとしても、暗殺者が現(あらわ)れなくても、マユリは同じ時刻になると、必ず死んでしまった。

心というのは目に見えなくて、とても掴みづらいものです。
思考感情精神はそのままイコールで心ではないけれど、今月はわかりやすくその3つ思考感情精神を心ととらえて心にも栄養を与えることを大切にするとよい時期です。
8の元気の源は、心と体の貪欲さから来ています。
たくさんの人と出会い、コミュニケーションし、よく遊び、体験し、教養を得る。
これが、8が実践している心の栄養を蓄えるためのこと。
心の栄養が足りないと、体が疲れてきます。
なんだか元気が出ないな、なんだか疲れているなと思うとき、最近忙しかったからなって、理由がはっきりしていればわかりやすいですがおかしいな、私そんなに頑張りすぎていないのにな、と思うことってありますよね。
それは、肉体ではなく心思考感情精神のいずれか、またはすべてのSOS。
肉体には栄養を与えていても、心に栄養を与えていないって方はとても多いものです。
心の時間軸は肉体とは違っていて傷や疲れを感じるまでに意外なほどの時差があったりそれが癒やされるのに、肉体の何倍もの時間を必要としたりします。

実はその、世界線の集まった、宿業という結果を変えられない一本のロープから、宿業を打ち破り宿命を変えることのできる別の世界線のロープに飛び移るようなことを可能にする、唯一(ゆいいつ)の方法といえるのが、創価学会(そうかがっかい)が実践する、南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰であり、その仏法の実践活動である創価学会の活動なんです。

そして、その宿命を変えるためには、世界線の集まった一本のロープから、別の世界線のロープに飛び移るような、劇的な変革が必要となる・・・!

いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
またAmebaOwndpixivインスタにて新しくフォローしてくださった方、アメブロで読者登録していただいた皆さん、どうぞよろしくお願い致します。
いつも沢山のいいねをいただいているにも関わらず、なかなかいいねのお返しもできず、申し訳なく思っています。
拙いブログと、アマチュアが書く妄想ストーリーですが、気長に気楽に遊びに来ていただけたら嬉しいです。
普段は接客業に従事していますが時不思議な体験をします。
あの方、どうしてるだろ?
クレーマーなAさん、今日来そうな気がする
ふと脳内に描くと、大抵その日の内にご来店されます。
だいたいやって来る周期で予想できるんじゃないの?
なかにはそのパターンもあります。
雨降ってるのに苦手なAさんが来た。
閉店までに、更に苦手なさんこなけりゃいいけど
接客業にあるまじき考えですね
そんな日はほぼ100さんが来店されます。
予知能力?
いえいえ、ただの凡人です。
虫の知らせというか嫌な予感ほど当たるものです。
最近は嬉しいことも沢山あります。
W旦那(プラス)でイヤイヤ期の2歳児を描いてるせいか、ほぼほぼ毎日2歳児と遭遇します。
お茶くださーいも先日通勤電車で見かけた2歳位の男の子が言ったセリフです。
お茶くださーい
おやつくださーい
今、おやつ持ってないよとママが答えると座席でのけぞって、きゃははって笑ってます。
まぁ、じっとしてません。(笑)
そのうち、座席前の手摺で、ゴンと音がするくらいおもいっきり頭を打って痛いいたぁーいと泣き出しました。
そら言わんこっちゃない
ママが優しく抱っこしてしばらくするとあっかぁわいい!
電車の広告を見て笑い始めます。
鳴いたカラスがなんとやら
可愛いやらなんやらで、とても癒されます。
そんな2歳児との遭遇はほぼ毎日。
たぁくんの気持ちになってストーリーを書いてるから、子供たちとも遭遇できるのかもしれません。
大好きな臣隆と隆臣の妄想ストーリー。
もうしばらくお付き合い下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました