メンズエステ リピートなし巨乳セラピストさんの健全施術に意気消チン 豊橋

memory

メンズエステ リピートなし巨乳セラピストさんの健全施術に意気消チン 豊橋

矢島久徳強化委員長のコメント
得点源の一人、西田有志選手の欠場体調不良もあったが、セッターの組み立てなど、各選手が臨機応変に対応した。また、勢いに乗れそうで乗れない消化不良の状態の中、打開策として4セット目から柳田選手をオポジットで起用するなど、ベンチワークも功を奏した。
古賀選手、本間隆太選手ら両リベロの好レシーブ、浅野選手の安定したプレー、二桁得点が4名福澤、柳田各16、大竹、李各12と全員でつかんだ勝利である。
最終週の中国大会は、疲労もかなり蓄積された状態で迎えるが、できる限りコンディションを整えて戦う所存である。
西田選手は胃腸炎から回復に向かっており、大事にはいたっておりません。

タイトルが全てを物語っています。とにかく美尻、桃尻、デカ尻、小尻、尻尻尻だらけ!揉んで、触って、舐めて、眺めてetc…様々な用途にお使いいただけます。お尻だけにこだわり、お尻だけを考えて作りました!お尻好きのための桃尻エンターテイメント!!

第1セット序盤は、福澤、大竹のスパイクが決まるが、相手のサーブに崩され、連続失点してしまう。しかし山内晶大のサーブから李が狙いすましたブロックを決め、67。テクニカルタイムアウトからは李がクイック、大竹がラリーで切り返しを決め、1011。大竹の連続サービスエースで1312とし、アルゼンチンがタイムアウトを要求した。そして、山内のクイック、サービスエースが決まり、1614でテクニカルタイムアウトに。
その後、キャプテン柳田のブロックが出て、1815、相手にサービスエースを取られるが、大竹のスパイクが決まり、2018で終盤へ。しかし、相手のブロックに止められ、2020で日本のタイムアウト。アルゼンチンがミスを出して2321とリードし、関田が相手のミスを誘って2423とするが、相手も粘り、ジュースへ。李のクイック、そして、最後は古賀のレシーブから柳田が豪快に決めて、2624で先取した。
第2セットも同じメンバーでスタート。序盤は李のクイックや大竹のスパイクが決まるが、相手のサーブに崩されて連続失点し、37と苦しいスタートに。その後もリズムをつかめず、511でタイムアウトを取る。点差が縮まらないまま、716でテクニカルタイムアウト。
?橋を投入し、リズムを変えたいところだが、920で終盤へ。最後はスパイクミスで、相手の一方的な展開のままセットを落とした。
第3セットも、スタートのメンバーは変わらず。柳田のスパイクで先取点を奪い、序盤はサイドアウトの応酬で、55、1010とお互いに譲らない。福澤の好レシーブから李の切り返しが決まり、1312でアルゼンチンがタイムアウト。しかし、ネット際の競り合いから連続失点し、1416でテクニカルタイムアウトとなる。
リズムを崩され、1619でタイムアウトを取ったあと、浅野博亮と藤井直伸を投入すると、その浅野がブロックを決め、1719で終盤へ。
お互い得点を重ねて1921とし、福澤の好レシーブから柳田が決め、2021でアルゼンチンがタイムアウト。柳田の豪快なサーブで崩し、ラリーを大竹が決めて、2323としたが、最後はサーブで崩され、スパイクをミスし、このセットも失った。

臼井式レイキアチューメント
ファースト、セカンド、サード
7月伝授を募集します。再受講も可能
より深い癒しのカルナレイキのヒーリング体験と、全く変容させる錬金術の体験付き。
透視リーデングのスケジュールは公式ページのお問合わせよりご連絡下さい。
候補日をご返信します。

第4セット、大竹に代えて柳田をオポジットに入れて、スタート。浅野もコートに入る。
後がない日本は、13から粘って66とするが、68でテクニカルタイムアウト。
福澤がつなぐと、浅野がライトから決め、88。連続失点で先行されるも、粘りのレシーブでつなぎ、福澤のスパイク、柳田のフェイントが決まり、1211でアルゼンチンがタイムアウトを要求。福澤がサーブで崩すと、浅野選手が切り返しを決め、1513でアルゼンチンは再びタイムアウト。
テクニカルタイムアウト後は連続失点し、1616とされたが、お互い譲らない展開から、浅野のサーブで柳田がダイレクトを決め、1917。李の価値あるサービスエースが出て、2118とリードするが、大事な場面で日本にコンビミスが出て、2221となり、日本はタイムアウトを要求した。
そこからは関田の強気のトスに?橋が応えて2321とし、厳しいラリーを浅野が決めて、セットポイント。最後は李が決めて、フルセットに持ち込んだ。
第5セットはブロックされて連続失点するが、柳田が決めて、12。李のサーブで崩し、山内がクイックを決め3ー3。柳田のサーブで崩し、相手のミスを誘って64とする。気迫のある攻防から66と追いつかれたが、福澤のサーブで崩し、山内がクイックを決めて、コートチェンジ。
その後は山内のサーブから相手のスパイクミスを誘い、107とすると、アルゼンチンがタイムアウトを要求した。続いて李のワンタッチから浅野がストレートに打ち抜き、117、李のスパイクも決まると、最後は福澤が3枚ブロックをかわすフェイントを決め、熱戦をものにした。
福澤達哉選手のコメント
ドイツでいい週末を終えることができてよかった。非常に難しい状況に陥ったが、メンバーを代えてうまくやれた。両サイドのトスが速くなって、相手のブロックを破ることができた。

でも第10期のメンバーは、各自のキャラが生かせることが出来たからこそ成功したものだと僕は思う。
来年はスラムキャバレー結成から30周年記念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました