メンズエステ 紅葉 もみじ 金山

memory

メンズエステ 紅葉 もみじ 金山

1175年、法然上人が初めて念仏を唱えたとされる寺院。夜間拝観では水面に映る「紫雲の庭」の紅葉が見どころ。週末は30分早く入場できるプレミアム拝観プラン(ホームページより要予約)の利用がおすすめ。

806年に弘法大師空海によって開創された宮島最古の寺院。紅葉の最盛期を迎える11月中旬には、もみじ祭りやライトアップも開催予定。見頃は11月中旬~下旬。

大小8つの池の周りに、カエデやイチョウなど約300本が点在。国道沿いの便利なロケーションで、「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれている。曽木公園といえば池に映る水鏡紅葉が素晴らしいので、今年は明るい時間帯にゆっくりと楽しんで。見頃は11月中旬。

山門より約150m続く深紅のトンネルを抜け、紅葉に包まれた国宝の本堂へ。晴れた日の11時~14時頃は太陽の光で紅葉が透き通り、より一層鮮やかに。見頃は11月中旬~12月上旬。

祝日を挟む11月20~23日を含め開門時は人が少なめ。12月1週目も紅葉は残るが参拝者が減るので狙い目。

お客様に選んでいただいたオイルを使って、リンパの滞りを徹底ケア!普通のもみほぐしでは物足りないという方にも好評です。

恋愛成就の聖地として有名な古社。参道を歩くと鈴鹿山麓の清らかな空気に包まれ、心が洗われます。あまり知られていないけど、実は秋になると参道沿いや境内にある広葉樹が色付き、紅葉が楽しめます。見頃は11月中旬~12月上旬。

深い緑に包まれた参道の奥には、荘厳で鮮やかな朱塗りの神殿。境内へと続く道のりには真っ赤に染まった紅葉が見事な風景を作り出す。見頃は11月下旬。

約900年の歴史を持つ、新義真言宗の総本山。境内を流れる大谷川沿いのもみじ谷を散策し、国宝の大塔や名勝庭園を彩る紅葉も愛でて。見頃は11月下旬~12月上旬。

数百年も前からこの地の歴代藩主に保護され、百人一首にも詠まれるなど県内屈指の紅葉名所として名高い。鈴鹿国定公園内にあり、静寂の谷底を真っ赤に染め上げる様は圧巻。願い事を占う重軽石(おもかるいし)も試してみて。紅葉ライトアップとイベントの実施有無は四日市観光協会公式HP・公式FBで発信予定。見頃は11月下旬〜12月上旬。

真っ赤に染まったもみじの下をドライブできる湖畔の人気ポイント。富士山、紅葉、河口湖を1枚の絵のように眺めるなら隣接の駐車場から。渋滞回避のコツは河口湖ICを出たら、「小立南」という交差点を右折、河口湖の西側から回っていくこと。見頃は11月上旬~下旬。

東福寺の塔頭のひとつで、美しい花手水がSNSで人気に。境内には無数の楓があり、その美しさから吉祥天が宿るとされる「吉祥紅葉」は圧巻。写経や座禅体験も可能。

803(延暦22)年に創建された寺。22体もの国の重要文化財を安置していることから“美濃の正倉院”との異名も。200年前に即身成仏した舎利仏(ミイラ)も有名。秋には山門や橋周辺が紅葉に。紅葉ライトアップは未定。見頃の直前に確定予定。見頃は11月中旬〜下旬。

別名“尾張のもみじ寺”とも呼ばれる紅葉名所。境内には巨木が多く、葉の細かいモミジやカエデ約1000本が、色鮮やかに秋を彩る。千手観音を祀る本堂の正面広場は撮影スポットとしておすすめ。本堂まではスロープカーで行くこともできる。2021年のイベント開催については未定。紅葉時季にHPで要確認。見頃は11月中旬〜12月上旬。

日本有数の紅葉の名所。敷地内には多くの見所があり、通天橋からの眺めはまるで赤い雲の上に浮かんでいるかのよう。約2000本の楓に埋め尽くされた境内の美しさに酔いしれよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました